本日 昨日総合

2011年7月3日日曜日

6m AND DOWNコンテスト、


昨日から行われていた6m AND DOWNコンテストが終わりました。
今年も参加はしました。50、144,430MHzしか出れませんが、今年は50、144MHzでの交信しか出来ませんでした。
もう、JARLへログは提出しました。点数はいつもの通り低いです。198点でした。
参加部門は電信シングルオペ/QRPです。144MHzは環境が悪いのでほとんど聞こえません。
50MHzは何とか聞こえるも144MHzと大して変わりません。
1局でも交信し、参加したらログも提出しないといけません。
今年もほとんどの局がSメータ振らない局ばかり。QRPでも取ってもらえますが、アンテナが当局の方に向いていない時は気付いてもらえません。
アンテナが回転して、こちらに向くとグーンと信号が上がります。
VHF、UHFはアンテナの向きで極端に変わります。
その為、430MHzでは聞こえコールするも気付いてもらえず1局も出来ませんでした。
多分、アンテナがサイドかバックを向いていたのでしょう。
私のアンテナはWhipなので指向性は関係ありません。
でも、最近はHFばかりの交信でしたので、50、144MHzでの交信がそこそこ出来て満足でした。
普段、144、430MHzでのCWは全然聞こえてきません。
コンテストになると少し、賑やかになります。こんな時しかV、UHFでのCW交信は出来ません。
本当は430MHzで10年以上振りの交信が出来たらと思っていたのですが、おあずけです。
1番最後に430MHzで交信したのは、いつだったか…。

0 件のコメント:

コメントを投稿