本日 昨日総合

2012年7月25日水曜日

又、新しいQSL、

少し前、新しいQSLカードを印刷した事を記事に書きました。
今回、約2ヶ月弱かかって、又、新しいQSLカードを欧州の某印刷所にオーダーし、本日届きました。
何度もサンプルを修正依頼(間違いなどを)をして、約2ヶ月弱かかったのですが、JARL枠が省略されていて、少し残念な思いをしています。
左側に入れるのは、実例が無いとの事で、右側でも裏側でも良いとお願いしたのですが、思いが通じなかったようです。
少し残念です。出来栄えは申し分無いのですが。
又、1つのカードの塊の角が潰れていて、10数枚大きくシワが入っていました。
でも、これは別に全然気になりません。
やはり、海外でカードを作るのは難しいのでしょうか。
枠を設けているのはJAだけの様ですし、別に枠が無くても、昔の様にコールを書くだけで良いのですから。
完全、オリジナルのカードを作るのは大変なのですね。
次回からは、既製品に自分のデータを入れてもらう方が良いのかも。
それとも、今までの様にHamlogで全てオリジナルの物を作った方が手軽で早いかも。
しかし、今回、カードを届いたけれど、ここの印刷所、代金は後払いなのでしょうか。
支払方法、支払金額を言ってきていないので、いくら払えば良いのやら、支払方法はどうすれば良いのか。
一応、カードが届いたので、至急支払をするので、支払金額、支払方法を教えてくださいとメールしておきました。
何か、よく分からない印刷所です。
今後、リピートは無いかも知れません。
少し、辛口になってしまいましたが。

2 件のコメント:

  1. YASさん こんばんわ。
    NEW-QSLまたお披露目おねがいしますね(*^-^)v

    そのQSLPRINTERってまさか・・・LZ1JZでは?
    LZ1JZなら私も同じ目に逢いました。
    確かWに振り込みました。LZ1YEやLZ3HIよりカードは
    薄いですが、FBな仕上がりでした。

    返信削除
    返信
    1. Kanさん、こんばんは。
      実は、H○なんです。
      Kanさんも作られていたので、
      JARL枠は大丈夫だと思っていたのですが。
      出来栄えはFBでしたが、少し残念な思いをしました。
      その後、無料で作り直しして頂けるとの事でしたが、
      そのまま使う事にしました。
      カードはも近い内にアップでもしたいと思っています。

      削除