本日 昨日総合

2009年1月3日土曜日

SINPOコード、


SINPOコードの「S」を付ける際、昔は色々と悩んでいました。
受信機によってSメータの振れる位置も違います。
メータの良く振れる受信機、あまり振れない堅めの受信機とあります。
差はありますが、私は今、聴いている受信機のSメータで信号強度を決めています。
ログには使用受信機を明記しています。
私は、
S1=メータの1ー2
S2=メータの2ー5
S3=メータの5ー9
S4=メータの9ー+20dB
S5=メータの+20dBー
でSを決めています。
よって、AMローカル局はS5。
短波局で「5」を付けるのは限られてきますが、
チョソンの声、中国国際放送等、近隣の強い局は5です。
大抵の局は3か4です。

?、
それにしても、2017.5kHzで聴こえる女性の放送?は何なのでしょう?。
女性2人の喋りが重なっています。聴こえなくなったり、又、聴こえたり。
日本語ではないですね。
追伸、
分かりました。
船舶気象通報の英語でした。
夜なので、違う地域と重なって聴こえているのですね。
最近、色んな周波数で船舶通報や無線が聴ける事が分かりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿