2008年11月30日日曜日

11/30(2008)の受信、


本日も深夜聴いてみました。
03:05- 4930kHz Turkmen Radio 3 Turkmen/Russian SINPO=25332
03:18- 4965kHz Voz Christiana? English SINPO=24332
03:29- 4960kHz Voice of America 終了ID(ヤンキードゥードル) SINPO=25222
03:35- 7480kHz R.Payem e-Doost(Bahai) Persian SINPO=45444
この局は500KWで非常に良好でした。内容はわかりません。03:45にs/offしました。

【受信地:神戸 FR-101SD + ALA1530+】

2008年11月29日土曜日

11/29(2008)の受信、


アンテナをベランダに出してから、色々と聴いています。FBです。
02:40-03:00 9640kHz Radio Beiraらしき局 Vernacular? SINPO=45433
talk&music 聴きなれない言語なのでIDも取れず。
03:00からは同周波数のRadio Romania Internatが始まり聴こえなくなりました。
再度、聴いてみます。

03:00-03:30 9640kHz Radio Romania Inter. English SINPO=45444
talk&music 良好でした。IDもバッチリ確認しました。

【受信地:神戸 FR-101SD + ALA1530+】

HF-ACARS、HF-ACARS、 HF-ACARS、


アンテナをベランダ設置に替えて、ACARSも良好です。
今まで、室内では北米、アフリカもプロットされ無かったのですが、機影が表示されるようになり喜んでいます。

国内のVHF-ACARSは1ヶ月少し前にAL-120F-MR(アローライン・サガ電子)を購入しました。
やはり、広範囲のディスコーンアンテナより専用アンテナの方が良いと思いまして、評判の良いAL-120F-MRにしました。
D-150との交換です。
結果、長所、短所はありますが、グランドの交信が弱いながらも色んな周波数で聴こえるようになりました。
当分、このパターンで行きたいと思います。

2008年11月24日月曜日

ALA1530+外出し、


本日はここ神戸も1日雨模様。
しかし、念願のALA1530+をベランダに出しました。
ベランダ設置になって状態がアップしたのかは、まだ不明。
様子を見てみます。ベランダの柵(建物の壁)と直角に設置しました。
イマイチ、ローカルでも信号が弱いラジオ大阪は強くなりました。
ノイズは減ったかどうか、まだ分かりません。
設置に要した時間10分。
当分、様子を見てみます。鳩などの鳥が来ない事を望みます。
ベランダの目の前が鳩のねぐらだ…。

追記、
やはり、ベランダに出した方がFBでした。
3、4MHz帯の局がよく聴こえます。
パプアニューギニア、オーストラリア、インドネシアと。
室内ではノイズで埋もれていたのですね。
4739.6kHzのSon Laも聞きとれる位に聴こえています。
日本語のベトナムの声や中波民放局等がいつもより、良好に聴こえています。
外部設置は正解でした。楽しみが増えました。
ノイズはそれほど減りはしませんが、室内設置よりは気持ち少なくなったようです。

2008年11月16日日曜日

Radio St. Helena、


Radio St. Helenaの年1回の放送が本日、早朝にありました。
各OMさんのBBS等でも盛り上がっておりました。
私も4時50分頃に起き、11092.5KHzに周波数を合わせて待つも、ノイズだけで何も聴こえず。
やはり、私の環境では無理だと思い、又、寝てしまいました。
5時30分過ぎから信号が強くなったとの事、残念でした。
でも、私の環境では聴き取れるぐらい聴こえていたかは不明。
来年も放送があったなら、じっくりとあきらめずに聴きたいと思っています。
エリザベス女王杯、堅かったですが、16番の単複と馬連を頂いたので良しとします(^-^)。

2008年11月11日火曜日

11/11(2008)の受信、


本日も深夜、少し色々と受信してみました。
6055kHz、Radio Slovakia Inter.、01:04-、Russian、SINPO=45444。良好。
6025kHz、Radio Romania Inter.、01:19-、Russian、SINPO=45433。
5820kHz、Radio Liberty、01:31-、Turkmen、SINPO=55444。良好。
7200kHz、Radio Bulgaria、01:35-、Bulgarian、SINPO=45322。
7275kHz、Radio Nigeria Kadunaらしき局、01:40-、Hausa?、長時間聴き、IDを聴き取ろうとしましたが、分からずでした。
6170kHz、Radio New Zealand Inter.、02:15-、English、SINPO=55433、良好。

2008年11月10日月曜日

11/10(2008)の受信、


相変わらず、珍しい所は聴いていません(聴こえない)が、本日の朝は、
9990kHz、Radio Cairo、05:45-、Hausa、SINPO=25332。
9785kHz、Radio Ukraine Inter.、05:55-、English、SINPO=35322。06:00からはGermanでした。久しぶりにR.UkraineのISを聴きました。
深夜、早朝はノイズもほとんど無く快適です。
ALA1530+でも7MHzより上の周波数では放送の無い所でSメータは全く振れません。静かです。
よって、弱い信号でも何とか聴き取れます。


画像は本文と関係ありません。

現在は、9525kHzのVoice of Indonesia、Japaneseを聴いています。
本日は混信がきついです。SINPO=33333。
このVoice of Indonesiaはネットでも放送が聴けます。

2008年11月9日日曜日

掛け時計、


シャックの横に掛けていた、掛け時計の寿命がきてしまいました。
電池切れかなと交換も動きません。
昨日、新しいのを買ってきました。前回の物は少し狂うので、電波時計を購入。
かなり安いのを買ったので心配でしたが、文字盤も大きく、電波も簡単に受信して正確な時を刻んでいます。
日時、曜日付きなので買って納得の一品でした。


FRG-8800、


程度は並。それなりに使用感があるYAESU FRG-8800を手に入れました。
一部、不都合がありますが、問題なし。
この受信機の特徴はSメータにSINPOの1から5のラインがありますのでSINPOを付ける時に参考になります。
それによりますと、SINPOのS5は59+20dB以上の信号です。
今まで私は59+の信号を5としていましたが5はローカル中波局並と言う事ですね。
すると、大抵Sは4になりますね。
いつも、Sは辛めに付けている方なのであまり違和感はありません。
この法則でいきますと、現在、受信している7580kHzのチョソンの声はギリギリS5です。


受信機の数が増えてきたので、各2台ずつある、FRG-7700、R-820、FT-101、サブにしている方をジャンク扱いでオクに出そうか考え中。

2008年11月8日土曜日

11/7・8(2008)の受信、


例のノイズはここの所、皆無です。原因が分かったような…。
あまりラジオを聴く時間がありませんが、この所チェックしているのは、
2300からと2400からのR.Sweden。
2300からは9530kHz。2400からは5850kHz。共にRussianです。
SINPO=55433ー45433。
しかし、本国Hoerbyからの放送ですが、終了時は突然終わってしまいます。
中継波の様に尻切れです。味気ないです。

もう1つは、R.Cairo。変調はイマイチ。信号は強いですが、少し聴き取りにくいです。
R.Pakistanに比べれば少しは良いかも知れませんが。
2400からの9250kHzが良好です。 Uzbekです。
SINPO=45433。中近東独特の音楽が聴けるので良いです。
何故か長い間が空く時が多いです。放送が突然終わったのかと思ってしまいます。
只今、受信中ですが、今日は音質も変調も幾分、いつもに比べて良い様に思います。
0100からの6270kHz、Urduもそこそこ聴こえています。


2008年11月2日日曜日

11/2(2008)の受信、


本日も昨日に続いて1700から17530kHz(12140kHz)のRadio Free Afganistanを聴いています。
本日も良好です。電話のベルが鳴っています。リクエスト番組なのでしょうか。
音楽番組です。私の環境ではSは弱いですが、充分楽しめます。SINPO=35333。
(受信地:神戸・受信機:FR-101SD・アンテナ:ALA1530+)

相変わらず、例のノイズは出ていますが、出なくなると数時間出なくなります。
やはり、ALA1530+自体の不調ではないのかも知れません。
ますます、分からなくなりました。
ずっと出ていれば納得するのですが、出たり出なかったりと少しストレスがたまります。
只でさえ、ラジオを聴く時、ノイズとの戦いなのですから…。
弱い局を聞く時はLAN HUBと液晶ディスプレイの電源を切ったりと大変です。
PCと受信機を離したいですが、PCでコントロールしている受信機がある関係上、離せません。
現在のシャック、シャックと言えるほどのものではなく、ただラックに受信機を積んでいるだけ。
恥かしいですが画像を。


PCに向って、左、中央、右に受信機を配置しています。
左側、上からGrundig Satellit 800 Millennium、(アンテナチューナー)、R-820、FRG-7700、FRG-7700。
中央、上からICF-EX5、FRG-7、PC。
右側、上からAR8600、IC-PCR1500、(スピーカ)、FT-817、NRD-545、FRG-100、FR-101SD、FR-101DD。
受信機がもう1台増えそう。どこに置くか。

本日、昼間、B08スケ用の海外日本語放送早見表をエクセルで作成していました。
早見表が1番見易いです。

B08スケジュール、


冬のB08スケジュールになって海外日本語放送も低い周波数になって各局良好です。
この所、毎日7325kHzのR.Thailand、現在は7380kHzのI.R.I.B.の日本語放送を聴いています。
コントロールソフトのRx_Plusを使っての受信。Rx_PlusのデータもB08に変更しました。


黒点数が若干増えてきましたが…。

2008年11月1日土曜日

11/1(2008)の受信、


11月になってしまいました。1年は早いものです。
今月は歳が1つ増えてしまいます。
もう少しすると年末ですね。
今日は夕方から現在も例のノイズは絶好調。
その中で数局聴いてみました。
17530kHz Radio Free Afganistan 17:30-17:45 SINPO=25332 Pashto 
パラは12140kHz トーク番組

1800からのモンゴルの声がかなり強かったので、
7260kHz Mongolian Radio 2 18:12-18:45 SINPO=45433 Mongolian
音楽、トーク番組

ノイズはやはり、ALA1530+からのものと思われます。
1530以外のアンテナ、受信機ではノイズは出ず。
同じNRD545でもVHF、UHFでは出ません。
50MHzのアマ無線帯でも出ません(545はV、Uは別アンテナ)。